トップページ > サービス内容

サービス内容

他の施設と何が違うの?

屋外の不整地や段差を再現したリハビリスペースがあります

旅ゆかばのリハビリは、ただ運動するだけではありません。
実際の環境であなたの運動能力をチェックしながら、問題点を見つけ出してそれを改善する機能訓練をするので、効果は普段の生活でどんどん実感することができます。

生活によくある段差を再現

リハビリは完全個別メニュー

リハビリのプロである理学療法士が考えたあなただけの完全個別メニューを作ります。
日常の動作チェックや運動能力検査を通して、

あなたの目的に合わせて、
それを最も効率的に達成するための、
リハビリプログラムを作ります。

そして、毎月運動能力検査を、繰り返すので、
あなたがどのくらい、目標に近づいたかを実感しながら
リハビリをすることができます。

個別メニューが出来るまでの初日の様子

利用1日目の様子(個別プログラムの作り方)

1.カウンセリング(日常で困っていること、どのくらい歩けるか)

日常生活で困っていることやどのくらい歩けるのか、どんな自分になりたいのかなどを伺います。 「爺ちゃんのお墓の前まで行って手を合わせたい」「市営バスの乗り降りを独りでしたい」など他では気を遣って言えなかった希望を話してくれる方もいらっしゃいます!

カウンセリング(日常で困っていること、どのくらい歩けるか)

2.具体的な動作のチェック

送迎到着から自宅帰着まで、サービス利用時間を通して「自然に動いている姿」を私たちは見ています。 「頑張らなくても自然に出来ていること」の把握と共有がとても大事です。

具体的な動作のチェック

3.4ステップ運動能力検査

今出来る最大限の能力を確認し、リハビリのスタート地点を把握します。 私たちは各検査の数値結果よりも「なぜその数値になるのか」「どこを良くすると運動能力が上がるのか」の動作分析を重視しています。

4ステップ運動能力検査

4.フィードバック

これまで行ってきたことを踏まえて「今していること・出来ること」と「自分のしたいこと・なりたい姿」の違いを説明します。
その上で、それぞれの方の「今の自分に必要なこと」を詰め込んだリハビリメニューを提案します。

フィードバック

5.個人リハビリプログラムの作成・実施

それぞれの方が全員、違った目標や内容を踏まえて作られたリハビリプログラムを実施します。
他の方と同じ時間や同じ動作をしていても、それぞれの目的に合っているかどうかを私たちは個別に観察し、アドバイスしています。

個人リハビリプログラムの作成・実施

室内だけじゃない。屋外でも楽しくリハビリ

たびゆかばのリハビリは、屋内だけじゃない。
日常生活動作の改善を目的としているので、
ノルディックウォーキングなど、屋外でのリハビリも積極的に取り入れています。

たびゆかばのリハビリは、屋内だけじゃない。 詳しくは担当ケアマネージャーもしくは旅ゆかばまで

たびゆかばへの電話でのお問い合わせ022-794-8294

ページの上へ戻る